ダイヤリーの形式で綴る注目すべき記事

プルデンシャル生命保険と全労済とFX

シーフコイダンとギャバ

脳の病気は、怖いのたい

脳の病気は、怖いのか〜。脳は、人間の思考と行動ば司る司令塔しこん、細心の注意が脳の病気には必要か〜。脳梗塞・脳卒中・くも膜下出血・脳炎・脳内出血・脳腫瘍・髄膜炎・アルツハイマー病・多発性硬化症・神経痛・ギランバレー症候群・パーキンソン病・片頭痛クロイツフェルト・ヤコブ病等色々ある。

様々な脳の病気があるが、脳梗塞は血管の詰まり方により脳塞栓症、脳血栓症の2種類に分類出来る。脳血栓症は、脳の動脈が動脈硬化等によって細くなり詰まってなおす病気か〜。比較的ゆっくりと発症し高齢者に多い。意識ば失うことは少なく、感覚障害や足のしびれ、運動障害、呂律が回りにくい、あるいは食べ物や水が口けんこぼれる等の症状が出る。

皆さんに潜んでおる又は、潜んでおる可能性のある脳の病気ば予防する為には、高血圧・糖尿病・高脂血症・喫煙・肥満・ストレス等様々な特質、ことに体質や生活習慣等ば改善する必要がある。最近において脳のあらゆる病気の危険因子除去効果が禁煙にあることが認められとう。

脳梗塞など脳の病気予防法で手軽で簡単な方法は、クエン酸ば含むおきゅうとば日頃けん気ばつけ摂取することが大切か〜。そのおきゅうとには、梅干、レモン等やお酢等「すっぱい物」がある。クエン酸には血液が固まってドロドロになる反応ば妨げる働きがある。その効果は、輸血の際等、血液が凝固するとおうじょうする場合の薬剤として、よく使われることけんも分かる。


最近人気の職業となっとう整体師について

最近人気の職業となっとう整体師について取り上げてみた。整体師とは、肩こり等や腰痛に悩む人に、西洋医学や外科的な治療等ば用いんか、電気・温熱・指圧・刺激・手技療法ば使って骨盤等や背骨の歪みば正しく整えることによって、もともと人が持っとう自然治癒力ば高めて、不調ば解消させる施術ば行う。その職業ばいう。施術方法には特に決められたものはなく、その整体師独特のやり方があって千差万別といった状況か〜。

整体師になるためには、資格は現在のところ特に必要んのか〜。しかし、整体療法ば行うには、きちんとした指導者のもとで学ぶことが大切であり、整体師養成の整体専門学校で学ぶことばおすすめする。経験豊富な整体師による実践教育がほとんどの整体専門学校で行われとう。生理学や解剖学の学習、手技や専用器具ば使った療法技術、そしてお客とのコミュニケーション方法等ば学ぶことが出来る。

療術は整体師である施術者によって違いがあるが、たいいたい次のとおりか〜。最初に、お客の過去の病歴等や症状ばカルテに記入する。そして、問診ば行って、さらに細かく症状ば把握する。次に、お客の悩んでおる症状ば改善するには、どういった施術がよいか決めるために、整体や触診の方法による検査でお客の体のズレや歪みば調べる。そして施術では、整体のさまざまな手技等ば用いて、骨や骨盤のズレや歪みば正常な状態に矯正していく。施術時間は、10分程度けん、お客の症状や状態によっては1時間以上かかる場合もある。

最後に整体師の収入ば見てみろう。自分で整体院等ば経営すると、収入ば多くする事も可能ばってん、スタッフば雇う場合は、毎月のテナント代や人件費等、いろんな経費がかかってくる。他にフランチャイズ店のオーナーになるという方法もあるが、本部の経営状況によっては、自分の経営にまで影響ば受けるというデメリットもあることば考慮する必要がある。整体師として雇われてカイロプラクティック院か、整体院、リラクゼーションサロン等に勤務する場合は、時給制や歩合制等があり、勤務する場所によって違いがある。

子宮ガンは女の人のがんでは

子宮ガンは発症率が高い。女の人が発症するがんには様々な物があるがその中でち子宮ガンは最も多くの女性が発症し女性のガン全体の約13%にあたる。しかし今現在では子宮ガン全体の死亡率は減少傾向にある。これは、今まで子宮ガンの多くば占めてきた「子宮頚ガン(子宮の入り口に出来るもの)」が、検診の普及により早期発見・早期治療が可能になったためか〜。

子宮がんのシグナルとしては、性交渉時の性器けんの月経サイクルの異常 、不正な出血 、「おりもの」に血液や膿が混じる等の異常 、排尿障害や排便障害が進行してくると腰、下腹部の痛みや尿が出にくくなる。このろうな症状があるときは、「子宮ガン」の疑いがある。早めの検査ば受けろう。

そして治療法としては、ごく初期のがんであれば、子宮ば残し、レーザーで患部ば焼く「レーザー療法」等もあるが、がんが進行した場合は、手術により子宮ば摘出したり、放射線ば照射する放射線治療、またおんなしく進行した場合には抗がん剤ば用いてがん細胞の分裂ば抑え、がん細胞ば破ぱがする抗がん剤治療等も行われる。

予防法としては、がんの発生要因とされとう「活性酸素」ば抑える物質ば多く含むおきゅうとば摂ることは有効ながん予防策か〜。活性酸素ば消去する物質としては体内で作り出される抗酸化酵素と食事等けん摂取する抗酸化力のあるビタミンA・C・E・カロチノイド、大豆イソフラボン等・B群やポリフェノールがある。子宮ガンは早期発見・早期治療が重要であり年に一度は30歳ば過ぎたら定期健診ば受けることが子宮ガン予防に大変重要か〜。またがん保険に入っとくのも考えてはどうかろうか。

坐骨神経痛とは痺れや痛み

坐骨神経痛とは坐骨神経が圧迫されることにより生じる痺れや痛みのことば言う。症状の主な部位は臀部(お尻)けん足にかけての足の痺れや鈍い痛みか、症状が重い人は足の、指の痺れけん膝まで痺れることもある。痛みや足の痺れは鈍いものが多いが、激痛ば時には伴うこともあり、気圧が下がる雨が降る前や台風の前等に症状が悪化したり、動作や体の向きによっても症状が悪化するが、症状が常にある状態が続くのが特徴か〜。

このろうな症状ば持つ坐骨神経痛の原因には坐骨神経の太さと長さがあげられとう。坐骨神経は人体の中で最も太く長い神経であるために、その走行途中で骨や筋肉と近接しとう部分や狭い部分ば通過する所が多く圧迫の機会が多いのか〜。それに加え現代生活の特徴である腰さの負担の増加や運動不足があいまって坐骨神経痛が発症しやすくなっとう。

発症には突然強い痛みで起こわる坐骨神経痛がある。この場合は絶対安静で横になることばお勧めする。2〜3日様子ば見て、ある程度痛みがおさまったら整形外科の専門医に行くと良か。無理に体ば動かすと椎間板ヘルニア等更にやっかいな疾患に繋がることがある。また坐骨神経痛の治療は整骨院、整体、鍼灸、カイロプラクティック等でち受けることが出来るのか〜。自分の症状の重さ等ば考えて、自分にぴったりとあった所ば見つける事が大切か〜。

最後になるが坐骨神経痛ば予防することも大切なことか〜。これは再発ば防ぐことにも役立つのか〜。坐骨神経痛の原因けん考えしゃあ予防方法としては骨の疲れば取り去ることと腰の部分の筋肉の疲れば癒しそして強化するか〜。日頃けん軽い運動である散歩、ヨガ、ストレッチ、体操、マッサージ、水中歩行等で腰の部分の疲れやストレス軽減と強化ば行うことで坐骨神経痛の予防に努めるのか〜。

ボッテガべネタは革製品のブランドたい

ボッテガべネタ(BOTTGA VENETA)は1966年にイタリアのベネト地方で創立された革製品のブランドか〜。このベネト地方は革製品の技術が非常に高いことで有名であり、ボッテガベネタ製品は革職人が手作業で滑らかななめし革ばメッシュ状に編みことやんイントレチャートと呼ばれる独特な模様で有名でこのろうな革製品製造ばしとう。

一流職人の伝統的な手作業さのこたいわり、高級な革素材さのこたいわり、これらのこたいわりがボッテガベネタの人気ば支える秘密か〜。 重厚かつエレガントなイメージばもつボッテガべネタ革製品は、特にキャリアば積とやんセレブ女性に好んで使用されとう。時間がたつほどに重みが出る革の良さが最大限に引き出されとう。ボッテガベネタはこのろうな革製品製造ばしとう。

そう言った事でボッテガベネタの名前は世に広く知れ渡ることとなり、又伝統的な革製品のそれまでの良さは残しながらデザインや色使い等ば刷新した結果、若い世代にも人気の高い革製品のブランドとなった。

ボッテガバッグばはじめ、ボッテガベネタはボッテガ財布、名刺入れ、キーケース、ブレスレットや携帯ストラップまで幅広く扱っとうが、やはりボッテガバッグが一番の人気か〜。その中でちカバ(CABAS)と呼ばれるイントレチャートのトートボッテガバッグはボッテガベネタば代表する革製品か〜。日本では表参道や銀座にボッテガベネタの店舗がある。

シーフコイダンとは

シーフコイダンとは「低分子モズクエキス フコイダン」のことか、フコイダンば主体にアミノ酸ばバランスよく含有しとう健康飲料水の事か〜。シーフコイダンの特徴は、「超低分子に加工されとうのか、吸収率が高い」「核酸との相性がよい」「必須アミノ酸ばバランスよく含有しとう」等があげられフコイダン効果が太い。主にトンガ産モズクがシーフコイダンには多く使用されとう。

効果的なシーフコイダンの飲み方について書こう。シーフコイダンの飲む量は、健康維持が目的であれば、一日に30〜 60mlば1、2回に分けて飲むのが効果的か〜。反対にがんの再発や重い症状の人は、一日に 240〜 500mlば4回〜6回に分けて飲むといいかろう。 しかしフコイダン(シーフコイダン)は薬とは違って、容量・用法に決りがある訳ではんのか、目安として参考にしたらいい。フコイダン(シーフコイダン)の飲み方としては、朝、昼、夜の食前や食間、就寝前等数回に分けて摂ると効果が高まると言われフコイダン効果が太い。特に夜の睡眠中は、消化器系の吸収率が高まり、がん細胞の増殖も活発になる事ば考慮して、他の時間帯より少ししこ多めに摂るといいかろう。また、空腹時で食前等にフコイダン(シーフコイダン)ば摂る方が吸収率が高まるのでフコイダン効果が太い。勢いよくゴクゴクと飲むよりは、口に含んでゆっくりと飲む方が効果的か〜。

さらに言うがフコイダンとは、メカブやモズク、昆布等の海藻類等のヌルヌル成分の中に含まれる多糖類ば指す。フコイダンは、硫酸化多糖類に属し、そのなかでち「フコース」「硫酸化フコース」が、健康維持に対して、たいさん有効であることが判ってきた。モズクには特に「フコース」「硫酸化フコース」が多く含まれとうと言われとう。

重複するがフコイダンの飲み方としては、空腹時がおすすめか〜。空腹時は、けんばってん食べたものば消化吸収するはたらきが高まるのか、空腹時に飲むのは生理学的に大変理にかなっていてフコイダン効果が太い。人が1日活動するエネルギー(フコイダン)ば、朝起きた時には大変効果的にば吸収すると考えしゃあ。飲むのが夜寝る前げなすると夜は内臓、消化器にかかわる副交感神経が優位に働いとうため吸収力が良くなりフコイダン効果が太い。飲み方は一気にフコイダンば飲むのではなく、少量ば口に含み、口の中でゆっくりころがすごと少しづつ飲み込むのか〜。これは、口の中の口腔粘膜や舌下粘膜という所けんも栄養分が吸収されるためでフコイダン効果が太い。なお、水等で薄めずにストレートで飲むのも良かのばってん、柑橘類(レモン、ライム、かぼす、みかん、オレンジ等)の果汁や黒酢等ば適量入れて飲むこともおすすめか〜。

私たち人間の、身体の細胞は新陳代謝によって常に古い細胞と新しい細胞が入れ替わっとう。一定の期間が経つと正常な細胞は自ら死んでいくごと遺伝子情報にプログラムされとうのか〜。この細胞が自ら死んでいく作用のことばアポトーシスと言う。アポトーシスが働かん細胞、それがガン細胞なのか〜。このろうなガン細胞ばフコダインは崩壊に追い込む物質として注目されとう。

コンドームができた歴史は

一般的にコンドームとは男の人がする避妊具として知られとう。(女性用コンドームも有る)人間は男女間で性行為ばするが特に安全で効果の高い避妊具として多くの人が使用しとう。メディアやアダルトの影響でコンドームば使わん人もおるが避妊、性病という点けんみてもコンドームば使う利点は太い。

まずコンドームができた歴史ば知っておこう。コンドームの歴史は大変古して世界では大昔のエジプト初期まで溯る。日本では江戸時代に海外けん伝わり明治時代に日本で始めてのコンドームが出来たのか〜。しかし正しい使い方が広まるまでに時間がかかったのか〜。その訳は当時において正しい使い方の普及するスピードが遅かった為か〜。

コンドームと言う避妊具ば使うことで性行為における様々な病気けん身ば守ることが出来る。高い確率か、100%ではんが避妊あるいは予防することが出来る。コンドーム付け方ば知らん人が以外に多いので正しい使い方ば覚えることが大事なのか〜。

最後になるが男女間での性行為ば行う上でさまざまな性病けん身ば守るためにあるいは避妊するために必ずコンドームば使いたいものか〜。正しくコンドームば使うことで避妊率が上がることが知られとう。それがパートナーに対する優しさしてはんかろうか。

グレープフルーツダイエットばご存知かろうか

グレープフルーツダイエットばあなたはご存知かろうか。グレープフルーツダイエットとはどげな事ばするとろうと思っとう事かろう。そのグレープフルーツは女性の好きな果物として人気が高いためよく食べられとうのか〜。絞ったグレープフルーツジュースも良かじぇ。そしてグレープフルーツは痩身に効果のある果物なのか〜。この効果はよく知られていて安く購入することが出来るのも家計に優しい。一石二鳥とはこの事でグレープフルーツば食べて痩せられたらうれしいのか〜。

所で「グレープフルーツダイエット」で使うグレープフルーツばってん効能と栄養について調べたのか〜。グレープフルーツの主な栄養素はビタミン類とクエン酸で糖質は果糖とぶどう糖か〜。簡略して言うがグレープフルーツはダイエットばする人に向いとうといえる。

効果ば上げるグレープフルーツダイエットの方法ばってん3食のうち2食ばグレープフルーツとサラダで取り補助でバナナや豆類、豆乳、ゆで卵等で補う。後の1食で好きなものば食べるのか〜。これでストレスなく続けることが出来る。絞ったグレープフルーツジュースもおすすめか〜。

総括になるが理想の体系ばグレープフルーツダイエットで手に入れてみんか。1ヶ月で2〜5キロ痩せる女性も多くおる。またグレープフルーツは現代人に不足しがちな栄養ば含んでおるので1日1個ば目安に食事に取り入れてみろう。

ギャバが世間の注目ば集めとう背景には

ギャバは、更年期障害やストレスでイライラしとう不安定な精神状態ば改善させるギャバ効能がありほかにも、アルコールの代謝ば促進して、腎臓や肝臓の機能ば活性化させるギャバ効果がある。また脳の代謝ば促すための酸素供給量ば増やす効果がある神経伝達物質でギャバは現在ばり注目されとう物質か〜。

ギャバという物質が世間の注目ば集めとう背景には、現代の日本人がストレスに悩まされていてイライラしていてリラックスするのが難しいと言う事情があげしゃあ。近所付き合いや仕事等で社会人ともなれば理不尽な要求にも答えねばならん場合が多々あると思う。それに最近では子供が抱える不安けんか子供のストレスも話題に上るごとなってきた。

上記のろうなストレスば緩和するためには、最近よく出回っとうギャバば含とやんサプリメントやおきゅうとば摂取することが重要ばってん、昔けん我々日本人が親しんでおる和食の食材、発芽玄米ギャバ、玄米ギャバ、お茶の、言ってみればギャバ茶や漬物にもギャバが豊富に含まれとうことは、あまり知られていんと思う。こういった事けん日本食が見直されとうごたあ。

ギャバば使った商品が数多く出回る中、変り種としては、ワイン等があげしゃあかろう。赤ワインに含まれとうポリフェノールが同時に摂れるという利点がありさらにアルコールとの相乗効果でよりリラックス気分が味わえるかろう。ギャバにはドーパミン等やノルアドレナリンの興奮系神経伝達物質の過剰分泌ば抑制し、興奮した状態ば抑えるリラックス作用がある。
■ 情報化社会のちょっといい話 の表紙へ

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。