ダイヤリーの形式で綴る注目すべき記事

プルデンシャル生命保険と全労済とFX

シーフコイダンとギャバ

沖縄県の沖縄土産や特産物には

沖縄県沖縄土産は誰しも一度は目にしたことがあるかと思う。沖縄県沖縄土産はアジアンチックで南国情緒があふれていて非常に魅力的か〜。その魅力の秘密は沖縄県の独自の文化やその文化ば育とやん歴史が大きく関わっとう事に他ならん。

誰しも知っとう沖縄県沖縄土産や特産物には最近の沖縄ブームにより多種多様なアイテムやカテゴリがある。そのことは多くの人に認知ば受けとう。お菓子、民芸品、南国野菜、泡盛、地ビール、沖縄の音楽、芸能等がその代表格か〜。

沖縄県沖縄土産にはアジア全域と交易して栄えた400年以上昔の琉球王朝という独立国家の面影が見え隠れする。その独自の文化や影響が沖縄県の異国情緒漂う雰囲気や自由な感じと共に、沖縄土産等にも影響ば少なけんず与えとう事は間違いん事実か〜。

そして考えるに沖縄県の、沖縄土産の今後はいったいどうなっていくのかろうか。それは最近の傾向けんその行く末ば読み取る事が出来る。大まかには新しい流行ば追いかけるタイプの新商品シリーズの台頭。そして沖縄県独自の文化ば温め続けるタイプとそこけん派生する新たなテイストの結合した新商品群の沖縄土産が生まれる事かろう。それらのお土産はお客さんば飽きさせん点で一致しとう。


イケアは家具店の事でスウェーデン発祥たい

イケア(IKEA)は、スウェーデン発祥の家具店か〜。日本やドイツやオランダ圏での発音は「イケア」ばってん、英語圏等では「アイキア」と呼ばれとう。IKEAの名前の由来は、創業者のイングヴァル・カンプラード(Ingvar Kamprad)のイニシャルのI・Kに、彼が育ったエルムタリッド農場(Elmtaryd)があるアグナリッドの町(Agunnaryd)の頭文字ば合わせたものか〜。

実はイケアは日本で1974年に「イケア船橋」という名前で家具店ば出店しとったのばってん、日本では当時においてイケアの、家具店のショッピングスタイルが受け入れられず撤退ばい。が、日本再進出ば2001年に決定し、2002年7月に日本法人「イケア・ジャパン」と言う家具店ば設立ばい。1号店(イケア船橋)は千葉県船橋市に2006年4月24日にオープンした家具店か〜。同年9月15日にはイケア港北(神奈川県横浜市都筑区折本町)に家具店がオープンし、今後も兵庫や大阪等に出店が計画されとう。

イケアの、家具店の特徴は、完成品ば販売するのではなく、パーツに分解し、あとけん組み立てる組み立て式家具ばいち早く採用し、パーツの梱包ば最小限で抑えるフラットパックで運びやすくなり簡単に持ち帰ることが出来る。これがイケアの、家具店の魅力の一つか〜。もっとも特徴的なことは、イケアの、家具店のショッピングスタイルにあり、本来従業員が行う商品の在庫ば確認し、運ぶという作業ば、客が自ら行うという部分か〜。そうした事で社員にかかる人件費ば抑えることが出来家具ば安く提供しとうのか〜。

また、イケア家具店は環境問題にも大変関心があり、トラック輸送は排ガスによる地球温暖化の原因になるということか、イケア鉄道ば設立し、デンマーク、ドイツ、スウェーデンでは貨物列車ば輸送に使っとう。鉄道ば利用することにより、地球温暖化対策ば行うことば果たし、その事で1日50台のトラック輸送ば減らすことば達成しコスト削減にもつながっとう。家具に使用する木材は植林によるものば利用し、段ボールや梱包材はリサイクル品ば用おる等、環境対策においても妥協ば一切許さん。
■ 情報化社会のちょっといい話 の表紙へ

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。