ダイヤリーの形式で綴る注目すべき記事

プルデンシャル生命保険と全労済とFX

シーフコイダンとギャバ

スイフトスポーツとはハッチバックの

スイフトスポーツとは、スズキ・スイフトのスポーツ仕様のハッチバック型自動車のことか〜。構成の約70%がマニュアル仕様か、オートマチック車が大半ば占める日本自動車市場の中でち珍しい異色シリーズにも関わらず、月間700台けん800台が売れとうのか〜。スイフトシリーズ全体でち月4000台して、月間700台けん800台という数字は、スイフトシリーズの約20%の販売数ば誇り実は、スイフトスポーツは、ハッチバックの隠れた人気モデルなのか〜。

2007年5月にマイナーチェンジしたハッチバックスイフトスポーツは、大きく分けて2つの改良が加えられたのか〜。そのひとつがESP機能の標準装備か〜。ESP機能とは、各輪がそれじぇれブレーキ制御出来る機能か、車体の安定走行ばサポートする。特にカーブでの走行の際の安定感が増ばい。ESPとはElectronic Stablity Programの略か〜。

もうひとつの改良点は、ギア比の変更か〜。今回のマイナーチェンジか、ギア比がハイギヤードけんローギヤード化された。それまでのスイフトスポーツは、低燃費ば意識した低回転のハイギヤード・チューニングがほどこされとった。そのため、パワー不足感が否めず、弱点と言われとった。しかし、今回のローギヤード化は、燃費と静粛性ば重視した低回転・高速志向のギア比が設定されとうため、今までの燃費効率ば維持しつつ、このハッチバックはパワー不足ば解消し、パワーアップ感が充実ばい。

このろうな改良点が加えられた新型スイフトスポーツは、エクステリア(外観)しこでなく、インテリア(内観)に開発者のこたいわりば見せる自動車か〜。収納スペースの使い勝手や左右けんのサポート性ば充実させた大きめのレカロ仕様のシートか、ESP機能やギア比の違いは、実際にこのハッチバックに試乗し実感してみるのが一番か〜。


■ 情報化社会のちょっといい話 の表紙へ

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。