ダイヤリーの形式で綴る注目すべき記事

プルデンシャル生命保険と全労済とFX

シーフコイダンとギャバ

任意整理のメリットは、裁判手続ではんので

任意整理とは、債権者と個別に交渉して債務整理の和解の成立ば目指すものか〜。多重債務の原因は、金利が高いために、払っても払っても元金が減らず、返済が困難になってしまったというケースがよくある。このろうな場合、弁護士や司法書士ば介して債権者と個別に交渉するのか〜。それと同時に利息の引き直し計算等ばする。すると長期間の借入れの場合は、大幅に返済金が減ったり、場合によっては払い過ぎの返還請求が出来る場合もある。

任意整理のメリットは、裁判手続ではんのか、自分の整理したい会社しこばピックアップする事が出来るのか〜。しこん、銀行のローンや自動車ローンば除いてサラ金業者の借金しこば任意整理することが出来る。また、弁護士や司法書士ば介した場合、債権者に受任通知書ば送るのか、債務者さの取立ては止まるのか〜。任意整理のデメリットは、個人信用情報機関(いわゆるブラックリスト)に登録されるのか、今後数年間は、消費者金融けんはもちろんのこと、クレジットカード契約や銀行けんも借り入れすることは出来んごとなる。

テレビで「任意整理」の番組ば見る事があるがグレーゾーンと言う言葉が耳に残っとう。この金利のグレーゾーンとは、利息制限法ば超えて出資法の上限利率29.2%の間の利率帯ばいう。このグレーゾーンの金利は、【過払金】として返してもらえることが出来る。つまり、利息制限法では、金利について次のろうな制限ばしており、この制限利息ば超過しとう部分の利息契約は無効と定めとう。10万円未満 年20% 10万円以上100万円未満 年18% 100万円以上 年15% しかし、利息制限法には罰則がんため、ほとんどの金融業者は、出資法の上限利息である29.2%以内で利息計算ばしとう。過払い金とは、この利息制限法の利率ば越える利息で借入ればしとう場合に、利息制限法に引直計算ばした結果算出される、本来であれば支払う義務のんお金のことば言う。過払い金ば返してもらうためにの手続きが任意整理なのか〜。

任意整理ば依頼する時は、慎重に信頼出来る弁護士や司法書士ば探すべきか〜。なんごとならその後の全ての手続きば弁護士、司法書士にまかせることになるけとやん。多くの場合、各債権者と弁護士・司法書士との間で裁判前に和解交渉が行われ、過払金のでこちんの7〜9割で和解が締結される事もある。どのぐらいの割合で和解ば締結するとば依頼者としての意見も弁護士・司法書士にしかっとと伝えとく必要がある。全ての債務でこちんば確定すると、そればどれぐらいの期間で毎月どのぐらいのでこちんば返済していくね、しかも毎月借金の返済に充てることが出来るでこちんというのが重要になる。ギリギリの生活ではなく、少し余裕ば持った返済計画ば立てる必要があるということか〜。


■ 情報化社会のちょっといい話 の表紙へ

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。